人気の高い5つのフォトブックアプリを数字でわかりやすく比較しました

スマホアプリでフォトブック作成

フォトブックを作成する方法は、パソコンから作る方法とスマホアプリから作る方法の2種類があります。

スマホから専用アプリを使ってフォトブックが作れるサービスはここ数年で増え続けており、2016年8月現在、iPhoneでキーワード「フォトブック」を含むアプリを検索すると、30種類以上のフォトブック作成アプリが出てきます。

今回はその中から人気の高い5つのフォトブック作成アプリをピックアップしてフォトブックのページ数や掲載できる写真の枚数、実際の注文価格を比較してみました。

おすすめフォトブック作成アプリの比較

スマホアプリを使って簡単にフォトブックが作れるフォトブック作成サービスの中から人気の高い5つのサービスをピックアップし、それぞれの特徴を比べてみました。
比較対象としたフォトブックはそれぞれのサービスの中から最も低価格で作れるフォトブックを選んでいます。

サービス名
商品名
サイズ 価格
(税込)
ページ数
(最大)
写真枚数
(最大)
詳細
TOLOT
TOLOT フォトブック
A6 文庫
(105×148mm)
500円
本体 500円
送料 0円
64P
(64P)
62枚
(62枚)
ソフトカバー
マット紙
文字入れ可
ブラウザ
iPhone
Android
専用ソフト
カード
銀行振込
コンビニ
代引
5日
nohana
nohana フォトブック
正方形
(140×140mm)
216円
本体 540円
送料 216円
(初回のみ)
28P
(28P)
20枚
(20枚)
ソフトカバー
マット紙
文字入れ可
ブラウザ
iPhone
Android
専用ソフト
カード
銀行振込
コンビニ
代引
14日
Photoback
POCKET
L判
(90×128mm)
1,172円
本体 1,000円
送料 172円
16P
(36P)
32枚
(72枚)
ソフトカバー
マット紙
文字入れ可
ブラウザ
iPhone
Android
専用ソフト
カード
銀行振込
コンビニ
代引
5日
しまうまプリント
フォトブック文庫
文庫
(105×148mm)
311円
本体 214円
送料 97円
36P
(144P)
69枚
(285枚)
ソフトカバー
マット紙
文字入れ可
ブラウザ
iPhone
Android
専用ソフト
カード
銀行振込
コンビニ
代引
3日
ネットプリントジャパン
文庫サイズ
文庫
(105×148mm)
291円
本体 194円
送料 97円
24P
(96P)
24枚
(96枚)
ソフトカバー
マット紙
文字入れ可
ブラウザ
iPhone
Android
専用ソフト
カード
銀行振込
コンビニ
代引
4日 取扱終了

※上記サービス内容は本記事執筆時に各社のウェブサイトに掲載されている情報を基に作成したものであり、現在のサービス内容とは異なる場合があります。詳しくは各社のウェブサイトにてご確認ください。

以下、それぞれのアプリの詳細です。
評価の項目についてはiTunes StoreとGoogle Playの平均評価とレビュー数です。

Fueruアルバム

Fueruアルバムはナカバヤシから2020年にリリースされた新しいスマートフォン用アプリです。専用のクラウドストレージに無料・無制限で写真をバックアップし、さらに写真プリント・フォトブックを毎月無料で注文できます。また、AIが毎月のベストショットを自動で提案してくれる機能も備えており、離れて暮らす両親に毎月子供の写真を送るときにはぴったりです。

対応OS
iOS / Android
評価
iOS (3.8/189件) / Android (3.5/28件)
詳細
Fueruアルバムダウンロード

TOLOT

TOLOT

TOLOTは500円でおしゃれなフォトブックが作れるサービスです。2011年のサービス開始時からiPhoneアプリでのフォトブック作成に対応しており、現在はパソコンやAndroidのアプリもリリースされています。フォトブックのクオリティも然ることながら、アプリの使い勝手も非常に良く、ユーザからも高い評価を得ています。

対応OS
iOS / Android
評価
iOS (4.0/1613件) / Android (4.0/2015件)
詳細
TOLOTのスマホアプリの詳細を見る

nohana

nohana

nohana(ノハナ)はフォトブックが毎月1冊無料で作れるサービスです。
2013年のサービス開始時は無料という話題性から、世間のフォトブッカー達をざわつかせると同時に「どうせ長く続かないだろう」などと揶揄されたりもしていましたが、順調に会員数を増やし、2015年4月には100万人を突破しています。
TOLOT同様、フォトブックアプリの黎明期からサービス展開を行なっているため、常にユーザの声を反映しながら定期的なアップデートを行なっており、非常に信頼性の高いアプリです。

対応OS
iOS / Android
評価
iOS (3.0/2240件) / Android (4.0/2431件)
詳細
nohanaのスマホアプリの詳細を見る

photoback

photoback

photobackは2004年2月にスタートしたフォトブック作成サービスです。
フォトブック作成サービスとしては珍しく、10年以上続いており、会員数も30万人を超えています。スマホアプリは2011年5月にリリースされたiPhoneアプリのみで、Android版は出ていません。アプリで作成できるフォトブックは「ALBUM」と「POCKET」の2種類です。

対応OS
iOS
評価
iOS (4.5/60件)
詳細
photobackのスマホアプリの詳細を見る

しまうまプリント

しまうまプリント

しまうまプリントは1冊198円という低価格でフォトブックが作れるサービスです。
会員数は2016年8月の時点で150万人を超えており、オンデマンドのフォトブック作成サービスの中でも最も人気の高いサービスのひとつです。
サービス開始は2010年ですが、スマホアプリがリリースされたのは2015年6月と比較的最近です。リリースされたばかりのためか、アプリの安定性はいまひとつのようですが、1冊200円前後で注文できることを考えれば十分許容範囲内と言えるでしょう。

対応OS
iOS / Android
評価
iOS (2.5/99件) / Android (2.0/215件)
詳細
iOS / Android

ネットプリントジャパン

ネットプリントジャパン

ネットプリントジャパンは2010年にサービスを開始したフォトブック作成サービスです。しまうまプリント同様に低価格でフォトブックを作れるのが魅力で、利用者も100万人を超えています(2016年7月時点)。2016年6月に商品ラインナップのリニューアルが行われ、その際にスマホアプリも新しくなっており、パソコン環境と同様に全てのフォトブックを注文することができます。

※2018/12/20 追記
ネットプリントジャパンは2018年11月にしまうまプリントと統合したため、本記事内で紹介しているフォトブックはサービスを終了しています。

対応OS
iOS / Android
評価
iOS (2.5/465件) / Android (2.5/147件)

まとめ|フォトブック作成アプリを選ぶポイント

以上、おすすめのフォトブックアプリを5つ紹介しました。

iTunes StoreやGoogle Playでいろいろなフォトブックアプリのレビューを見ているとわかりますが、低評価が付いているアプリのレビューの多くは、「途中でアプリが落ちた」「最初からやり直しになった」「時間返せ」という類のものです。

アプリが強制終了すると編集中の作成データは失われるので、何時間もかけて作ったフォトブックのデータがなくなってしまった場合はストレスは大きいでしょう。

試しに1冊だけ作ってみようというくらいなら良いですが、毎月1冊ずつ作るというように長期的に利用したい場合や、100ページを超えるようなボリュームの大きいフォトブックを作る場合は、アプリの安定性は無視できないポイントです。

実際に自分でも実験してみたところ、TOLOT、nohana、photobackのアプリは安定しており、作業中に落ちることはありませんでした。しまうまプリント、ネットプリントジャパンのアプリはハイスペックな端末(iPhone6)で試したときには問題ありませんでしたが、スペックの低いiPhone4sやAndroidの古い機種だと何度か強制終了してしまうことがありました。後者の二つのサービスについては、OSの種類やバージョンにも大きく影響されるものと思われますので、とりあえず一度アプリをダウンロードして実際にフォトブックを作成し(注文しなければ作るのは無料で出来ます)、動作が安定しないようならパソコンから注文するか、別のアプリを利用する方が良いでしょう。